記事一覧

「難しそう…」と思わないで!

そろばんを練習していく中で大敵なのが、苦手意識です。「いくら練習してもなかなかできない…」ならまだよいのですが、「難しそう…」と思ってやる前から及び腰、はたいへんです。先日は、2桁×2桁のかけざん(12×34、などですね)を始める子が、この反応になってしまいました…。高学年の子の方が、先入観がブレーキになることが多いように感じます。(小さい子は、2桁×2桁のかけざんも、何も考えずに適応できることが
続きを読む >>

お兄ちゃんお姉ちゃんがそろばんの先生です!

通っている子の兄弟(下の子)がそろばんを始めると、上の子がそろばんを始めた時より上達が早いことが多いです。お兄ちゃん・お姉ちゃんは、自分が練習している様子を見せるだけでも、よい先生役となれるのですね。さてここで、あるお姉ちゃんがそろばんを始めた下の子のために作ったプリントを紹介します!問題を作ったり解いたり、おうちで兄弟で楽しんでいる様子が浮かびますね!身近にすばらしい先生がいるので、上達が楽しみ
続きを読む >>

「集中して」と言われても…。

子どもに「集中しなさい!」と注意することありますよね。でも、小さい子には「集中する」がどういうことなのか分かりません。教室でも「後ろを向かないで計算して」とか「休憩しないで計算して」という表現を使っています。この前、鬼滅の刃に便乗して「全集中!」と声をかけたら、あっという間に間違いだらけの答案ができました。この子にとっては「全集中=全速力」だったのですね…。
続きを読む >>

「進度表」で次の目標を立てましょう!

9,10級からの検定試験に合格すると、「進度表」の合格した級にしるしがついていきます。9,10級の次は8級、7級…と、上の級を目指していきますが、6級くらいの力がつくと、検定の種類が変わります。そろばんの検定「珠算検定」の他に「暗算検定」「読上暗算検定」「読上算検定」の3種類に挑戦できるようになります。「今月は暗算検定を受けるから、来月は読上算検定に挑戦してみよう」のように、受験する計画をたてると
続きを読む >>

学校でも九九の練習が進んできました。

2年生は学校で、2学期から九九の学習を始めている子が多いと思います。そろばんでは、かけざんやわりざんの問題を解くときにも、九九が必要になります。そろばんの練習が、学校で覚えた九九の定着に役立っている子も多いですね。学校の算数も得意になって、そろばんも上達する、よい循環になる時期です。3年生のわりざんに向けて、九九をしっかり身に着けておきましょう!
続きを読む >>

今年の(これからの?)競技大会の形ですね…。

そろばんの競技大会「イシド式通信大会」「全国そろばんコンクール」が開催されました!今は各種イベントと同じく、大きな会場に集まっての開催が難しい状況です。そろばんの競技大会も、「各教室で分散して実施→集計して後日結果発表」という形での開催です。「他の教室の子の様子が見られない」「結果がすぐに分からない」ことは残念ですが、開催時間や送迎の点では「普段の教室なので参加しやすい」という声も聞かれました。こ
続きを読む >>

計算は勉強?ゲーム?

そろばんは習い事の中では「学習系」と言われますが、子どもたちを見ていると、そろばんを勉強ではなく、ゲームに近い感覚で練習している子がいます。「今までできなかった問題ができた」や、「となりの子が自分よりたくさん解いていた」が、モチベーションになるんですね。楽しんで練習したほうが、上達も早いのはもちろんです。そろばんの経験から、学校の宿題や入試などの場面で、課題を楽しめるスキルを身に着けてほしいですね
続きを読む >>

保護者の同伴はOK?

とても短かった夏休みも終わり、新しい習い事を検討する方が増えてきた印象です。先日体験に来た方がおっしゃっていた「コロナは心配だけど、何もしないまま時間が過ぎるのも不安」という言葉が頭に残ってます…。さて、体験の申し込みのときによく聞かれるのが、「保護者は同伴してもよいのですか?」。体験授業は、ぜひおうちの方も来てください!教室の様子(先生やほかの子の様子も含めて)を見るだけでなく、はじめてそろばん
続きを読む >>

オンラインそろばん、よかった点は…

まずはやはり、コロナウイルス感染の心配がないこと。また、学校から帰ってきて、そのままオンラインでそろばんの練習をしたり、教室までの移動時間がないので、そろばんと同じ日に別の習い事を入れたり。いただいた意見を見ると、感染予防よりも。送迎の時間や手間がなくなり、時間を有効活用できるのは、オンラインの魅力のようです。保護者の方にとっては、子どもがそろばんの授業を受けている様子が見られることも新鮮だったよ
続きを読む >>

オンラインそろばん、課題は…

やはり、そろばんを弾く子の手元が見えないことですね。使っている端末によっては、そもそも手元見えない場合も多いです。どこが間違っていたかがわからないので、推測でアドバイスしないといけません。逆に、「こうやって動かすんだよ」と、見せて教えるのも難しいですね。どうしても、言葉で伝えることが多くなるので、小さい子には伝わりにくいかも。先生1人に対して生徒は最大4人で授業をしていますが、先生の声がほかの子た
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
新規開校キャンペーン 入会金無料!ワンタッチそろばんプレゼント

お知らせ

無料体験レッスン受付中!お子様の可能性を引き出す1時間 是非、一度ご体験ください