記事一覧

9の段の思い出し方。

昨日、ほかの先生に教えてもらった話です。かけざん九九の9の段の思い出し方。両手を広げて…9×3だったら、左から3本目の指を折ると、残った指の、左の2と右の7で「27」。9×6だったら、左から6本目の指を折ると、残った指の、左の5と右の4で「54」。知らなかった!先生も「初めて聞いてびっくりした!」と言ってました!今度子どもたちにも教えてあげよう…。こんなところから数字に興味を持ってくれるとうれしい
続きを読む >>

教室対抗戦を開催しました!

教室対抗戦を開催しました!みずほ台校と新河岸校の代表選手による競技大会が、今年も開催されました!去年、一昨年に続いて3回目とあって、全体のレベルが上がっていました。時間内に解き終わる子が数名いたので、来年は問題を少し難しくしないといけないですね。最優秀賞の生徒は、みずほ台校の中でも「暗算が得意」で有名な子でした。暗算力は競技大会での大きな武器になる、と改めて感じますね!この大会は「各校舎の上位8名
続きを読む >>

目立たない子はそろばんが上達する?

教室にはたくさんの子が来ますが、性格や能力はいろいろです。学校の勉強でも、運動でも、得意な子もいれば、苦手な子もいます。そろばん教室での様子から、学校での様子もだいたい想像がつくのですが、ときどき「学校とそろばん教室での様子が全く違う」子もいるのです。例えば、ある4年生の女の子は、すでにいくつも検定に合格していて、練習中も目が輝いているのがよくわかります。ところがお母さんに聞くと、「学校では勉強も
続きを読む >>

計算は奥が深いですね…。

そろばんの先生にも指導方法を磨くための勉強会があって、先日それに参加してきました。勉強会にもいろいろあって、「そろばんの教え方」や「子どもの対応」についての内容が多いのですが、今回は「計算方法」についても学んできました。そろばんの計算は、「計算方法はひとつで、いかに早く指を動かすか」といったイメージがあると思います。しかし、そろばんの長い歴史の中から「いかに簡単な方法で計算するか」という考え方も、
続きを読む >>

今年も教室対抗戦が近づいてきました。

「教室対抗戦」は、みずほ台と新河岸の両校から選ばれた代表選手が競う大会です。この大会は、「普段から練習をがんばっている上級者を表彰する機会を作ろう」という意図で始まりました。級が上がってくると、検定試験に合格するまでの期間も長くなりやすく、不合格になる回数も増えてきます。その分合格した時の喜びも大きいのですが、「次に喜ぶのは何カ月も先」では、気持ちが続きませんよね。また、検定試験は「自分との勝負」
続きを読む >>

普段は注目されにくい子にもスポットライトを!

そろばんの検定試験を主催している「全国珠算連盟」が、夏のイベントとして、「そろばんようかいカードコンテスト」を実施しました。子どもたちに人気の「ようかいカード」のオリジナルようかいを考えて応募しよう!という企画です。自分の考えた作品がカードになるかもしれない!ということで、ライズそろばん教室の生徒からもたくさんの応募がありました。提出された作品を見ると、普段のその子の様子とはまた違った一面が見えて
続きを読む >>

近くの小学校で事故があったみたいで…

3時20分くらいなって、今日も子どもが少しずつ集まり始め…と思ったら、あまり来ません。授業が始まる30分になっても、いつもの半分くらいです。授業が始まってから、遅れてきた子のお母さんから、「〇〇小で事故があったみたいで、一斉下校になりました。」と聞きました。そういえば、ちょっと前に教室の前を消防車が何台も通っていました。校庭にドクターヘリが来たとも聞いたので、大きな事故だったようです。そのあとの授
続きを読む >>

有言実行した男の子の話。

今月で教室をやめる6年生の男の子がいます。そろばんを始めたのが、たしか4年生の春だったと思うので、通ったのは2年半ちょっとの期間です。はじめは、授業中に他の子にちょっかいを出したりして、お世辞にも優等生ではありませんでした。最初はそろばんの問題もその子にとっては簡単過ぎたので、本気で取り組む対象ではなかったのかもしれません。彼の様子が変わってきたのは、検定に何回か不合格になったころのように思います
続きを読む >>

全国そろばんコンクールの受付が始まりました!

12月に開催される「2018年 全国そろばんコンクール」の受付が始まりました。すでに、去年参加した生徒、今年初めて参加する生徒から、「出てみたい」との声が聞かれ、とても興味がある様子です。この「全国そろばんコンクール」。全国の各地域で開催して、結果を集計、全国ランキングを決める大会です。教室から近い東京国際大学で開催される、だれでも参加できる、学年別に部門が分かれている、など、挑戦しやすい大会とな
続きを読む >>

振替ができる、ってすごいこと(らしいです)。

2学期も始まって、入会希望の方が増える時期になりました。体験授業に来た保護者の方によく聞かれるのが、振替についてです。体調が悪かったり、学校の行事と重なったり、送り迎えできなかったりと、予定通りに通い続けるのは難しいですよね。そろばん教室では、「席が足りない!」という場合でなければ、いつもと違う曜日や時間に来て練習できます。先週休んだ分と合わせて、2時間続けて練習していく、という子も多いです。と伝
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
新規開校キャンペーン 入会金無料!ワンタッチそろばんプレゼント

お知らせ

無料体験レッスン受付中!お子様の可能性を引き出す1時間 是非、一度ご体験ください